私は優という字を考えます。


これは優れるという字で、優良可なんていうし、優勝なんていうけど、

でももう1つ読み方があるでしょう?

優しいとも讀みます。

 

そうしてこの字をよく見ると、人偏に、憂ふと書いています。
人を憂へる。

 

ひとの寂しさ侘しさ、つらさに敏感な事、これが優しさであり、
また人間として一番優れている事ぢゃないかしら

 

太宰治

誰の助けも得られないと思ったとき

誰の助けも得られないと思ったとき、
辺りを見回してもだめなんだ。
あんたの内側を探してごらん。
そこに自分という味方がいるよ。

(セフティ・マッチ氏の樫の言葉)

求めるためではなく

いつか無くなるものを求めちゃいかんのだよ。
無くなるものは、求めるためではなく、
そいつで遊ぶために、この世にあるんだからな。


(セフティ・マッチ氏の金の言葉)

何でもない日

「何でもない日、おめでとう」という言葉を、

かつて人々は、冗談として聞いたものだ。

 

しかし、王様も大金持ちも、鼠もクジャクも、

恋人たちも、いちばん欲しいものは、

そんな日々じゃないのかね。

 

(セフティ・マッチ氏の焚火話)